もしもシークスの評判を調査してみました!

9月からかけたい砲台プランが始まると話題になっている
もしもシークスの評判を調査してみました!

電波

ドコモの回線を間借りして使っているMVNOなので、
田舎でもつながりやすいです。

ドコモでダメな所は、他のキャリアもまずつながりませんからね…

電波に関して心配することはありません。

通話品質

これも、ドコモの回線で通話をするので、
今までのキャリアで通話しているのと変わらない品質で話せます。

心配することはないでしょう。

通信速度

もしもシークスは、どちらかというとマイナーな格安SIMです。

ですので、使用者の声は非常に少なかったのですが、
どの口コミも、いつでも速度は安定していて速い!というものばかりでした。

見る限りでは、どの時間帯も10Mbps以上出ていました。

7Mbps以上出ればストレスなく使えますので、
どの時間帯でもサクサク使えそうですね!

マイナーなSIMの分、利用者が少なく、回線が空いているので
どの時間でも速度が安定しているのかもしれませんね。

結構穴場のSIMカードだと思いますよ!


☆詳細はこちら☆
もしもシークスって何?知りたい方はココをクリック

秋にNifMoで通話定額プランが開始予定

秋にNifMoで通話定額のプランが始まる予定です。

元々は2015年6月の予定だったのですが、延期されてしまいました。

NifMoは、通信速度がMVNOの中でダントツ速く
MVNOの中でこれから最も伸びていくのが予想されます。

そこから通話定額プランが出たら、最強の格安SIMになるでしょう。

詳しいことは、これから追って発表されると思います。

当サイトでも、発表があり次第、紹介していきますね!


☆最新情報はこちらでチェック☆
NifMo(ニフモ)

定額プランのあるSIMカードもあります

mvnoではありませんが、Y!モバイルのSIMカードは、

オプションの「誰とでも定額」をつけることで
誰とどれだけ話しても、通話料が一定のままになります。


恋人とたくさん電話したい方とか、
仕事で電話をたくさん使う方にはぴったりです。

Y!モバイルの基本料金

プラン
基本料金
通信量
スマホプランS 月額2,980円(税抜) 1GB
スマホプランM 月額3,980円(税抜) 3GB
スマホプランL 月額5,980円(税抜) 7GB

誰とでも定額(オプション) 1,000円


格安SIMと比べるとちょっと高いですが、
au、docomo、ソフトバンクと比べるとかなり安く使えます。

誰とでも定額をつけない場合でも
10分以内の通話が月300回まで無料です。

1回ごとの通話時間が短い方は、誰とでも定額に入らなくても十分ですよ!

デメリット

初めにも言いましたが、Y!モバイルはMVNOではありません。

自社で回線を持っています。

そのため、ドコモ、au、ソフトバンクと同じように2年縛りがあり、
更新月以外に解約した場合は、違約金が発生
します。

img04_big

違約金は9,500円ですので、解約する時は気をつけてください。

格安SIMにも無料通話分付きのものが登場!

今までMVNO(ドコモやauの回線を間借りして格安SIMを提供している会社)では、
無料通話が付いているものがありませんでした。

2015年9月7日からもしもシークスが
かけたい放題
というプランを開始します。


キャリアのように、誰と話しても同じ値段というものではなく、
一定の無料通話分が付いているプランです。

プラン
料金
無料通話
通信容量
基本コース 月1,980円(税抜) 3分通話 30回無料 1GB
あんしんコース 月2,980円(税抜) 5分通話 30回無料 7GB
まんぞくコース 月3,980円(税抜) 10分通話 100回無料 7GB

時間と回数の制限がありますので、どれだけでも話せるわけではありませんが、
ちょくちょく電話をする方は、こういったプランを利用することで
月々のスマホ料金をかなり安く抑えられますよ。


1ヶ月に5分の通話を20回かけた場合の料金を
もしもシークスと、DMMモバイルで比較してみます。

もしもシークス
DMMモバイル
基本料金 安心コース
2,980円(税抜)
音声通話SIM 7GB
2,560円
通話料 無料 4,000円
合計 2,980円 6,560円

通話時間が3分だったとしても
DMMモバイルは2,400円の通話料金がかかりますので,
5,380円かかることになります。

もしもシークスなら2,980円ですから、
かなり安くおさまりますよね!

電話をちょくちょくかけるなら、もしもシークスが断然安いですよ!


☆詳細はこちら☆
もしもシークスに乗り換えて通信費を節約!

サブコンテンツ

このページの先頭へ